忍者ブログ

2,500年前、お釈迦様が悟られたのは、あらゆるものは仏の智慧を具え光り輝いている、ということでありました。そして、そのことに気付いて生きていけばよいのだよ、と。

人にやさしく自分にもやさしく

   
カテゴリー「将棋」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第29期女流王将戦、挑戦者決定

第29期女流王将戦の挑戦者が、清水女流王位に決まりました。

挑戦者決定戦の相手は、先日のレディースオープンで準優勝の成績を修め、女流初段に昇段された里見女流初段でした。いやはや、さすがに清水女流王位の壁は、そう簡単には越えられないということでしょうか。

しかし一方、公式戦ではありませんが、キラリっ娘ファンフェスタ’07で、イベント対戦の相手となった山崎隆之七段相手に、山崎七段は初手から持ち時間20秒、里見女流は持ち時間10分、切れたら30秒というハンデ戦ではありましたが、見事勝利されていました。すごいですね~。

女流棋士の中でも最年少の里見女流初段の、これからの活躍が益々楽しみです。

↓クリック宜しくお願いしますm(_ _)m

拍手[0回]

PR

今日決着!第32期棋王戦

第32期棋王戦の最終局となる第五局が始まりました。

佐藤棋聖が先手で、森内棋王が後手。これまでの対局は、いずれも先手が勝って2勝2敗のがっぷり四つ。本局は佐藤棋聖がアドバンテージを取っている感じがしますが、森内棋王がいわばブレークできるかどうかといったところでしょうか。

局面は先手が居飛車、後手が振り飛車であり、この戦形を見てもやはり佐藤棋聖が有利と思いますけどどうでしょうね。目が離せません。

それにしても、加藤先生の解説は将棋以外のお話も楽しいです!

↓クリック宜しくお願いしますm(_ _)m

拍手[0回]

羽生王将が防衛、史上2人目の永世王将に

第56期王将戦は羽生王将が防衛し、併せて、大山康晴十五世名人に続く史上2人目の永世王将の称号を獲得されました。詳細は日本将棋連盟のサイトをご参照ください。

そして棋譜は、MSN毎日インタラクティブをご参照ください。

羽生三冠が強いのは周知の事実ではありますが、佐藤棋聖は、今回「も」惜しいところでタイトル奪取を逃してしまった、という結果になりました。残るは棋王戦→第32期棋王戦中継サイト。現在2勝1敗で、文字通り、佐藤棋聖がタイトル奪取に王手をかけております。さてさて、どうなることやら。

↓クリック宜しくお願いしますm(_ _)m

拍手[0回]

まだまだ続くタイトル戦

レディースオープントーナメントは、矢内女流名人の優勝で幕を閉じました。詳細は、中継サイトをご参照ください。

中盤までは五分五分な感じでしたが、やはり女流名人の貫録勝ちといったところでしょうか。でも、里見女流1級は、本棋戦の決勝進出の功績によって初段に昇格されたとのこと。おめでとうございます。これからの活躍が期待できそうです。

そして、こんどはというか、最中なのが王将戦と棋王戦。私の応援する佐藤棋聖の側から見て、羽生三冠相手の王将戦は2勝3敗、森内二冠相手の棋王戦は1勝1敗となり、これまた接戦の様相を呈してきました。

それにしても、棋王戦の第二局はすごかったですね。詳細は 北國新聞社 第32期 棋王戦五番勝負 第2局 のサイトをご参照ください。

2四で歩交換の後、角を交換し、直後さらに2二で飛車ぶつけ!私のような臆病者にはとても指せる手じゃありません。そりゃワタシはド素人ですから、プロのしかもA級と比べること自体無意味ではありますが・・(^^;

結果的に佐藤棋聖は負けてしまいましたけど、思いっきりのよさにはとてもスカッとさせられた1戦でした。これからも熱戦を期待したいです。

↓クリック宜しくお願いしますm(_ _)m

拍手[0回]

レディースオープントーナメント、今日第三戦

レディースオープントーナメントの最終戦となる第三戦が、いよいよ今日開催されます。詳しくは中継サイトをご参照ください。

昨年から、プロ編入試験制度やら名人戦問題やら、少々ゴタゴタ感がありつつ、そのせいもあってかなんとなく活気付いてる感じもある将棋界ですが、ここにきてさらにこのレディースオープントーナメントは注目度が高いですね。

それはなんといっても、矢内女流名人と決勝を争うのが、まだ中学生という里見女流1級だからでしょう。第1戦、2戦を見た感じは、素人目ではありますが、接戦だったのではないでしょうか?これで里見女流1級が勝ったら、さらに将棋界は盛り上がるんじゃないですかね。

矢内女流名人も負けるわけにはいかない1戦だとは思いますが、やはり挑戦者的立場の側を応援したくなるのが人情でありまして・・・(^^;

どちらが勝つにしても、一将棋ファンとしていい戦いを見せて頂きたいですし、将棋界の更なる活性化のためにも、メディアもどんどん盛り上げて頂きたいですね。

↓クリック宜しくお願いしますm(_ _)m

拍手[0回]

タイトル戦目白押し

久しぶりに将棋の話題を。

第55期王将戦、ワタシの応援する佐藤棋聖が1勝3敗となってしまいました。詳細はこちら、日本将棋連盟のサイトから。

やっぱり羽生三冠は強いっすねー。羽生三冠ももちろんワタシの好きな棋士の一人ではありますが、やっぱ挑戦者を応援するのが人情でありまして。そして、棋風的には佐藤棋聖の緻密流にけっこう魅せられてます。よくゴキゲン中飛車も採用されますしね。

しかし、このあと羽生三冠に3連勝して王将のタイトルを奪取するのは至難の業ってカンジでしょうか。でも最後まで頑張ってもらいたいっス。

でもって、この王将戦の最中に、第31期棋王戦が始まり、またしても佐藤棋聖が、今度は森内名人に挑戦するというハードさ!まだ王将戦の決着はついてませんが、ここでも佐藤棋聖には頑張ってもらって、ぜひとも棋王のタイトルを奪って頂きたいっスね。

一方、実はもっと興味のある対戦が行われておりまして・・・。それはレディースオープントーナメント!この決勝戦、矢内女流名人と里見女流1級という対戦で、三番勝負のところ、現在1勝1敗という接戦なのです。しかも、里見女流1級は、まだ中学生っていうんですから驚きです!

そしてまた、この里見1級の得意戦法が中飛車っていうんですからウレシイじゃないですか!第3戦は2月22日。これも目が離せません。もし里見1級が勝ったら、メディアも盛り上がるんじゃないですかね。ぜひ頑張って欲しいっス!

↓クリック宜しくお願いしますm(_ _)m

拍手[0回]

佐藤棋聖

年明け早々から信じられないような殺人事件が続き、人間の心はいったいどうなってしまったんだろう、どうなってしまうんだろうと、なんともやるせない心境になっておりましたが「人間は神仏と同じ性質を本々備えているのだ」というお釈迦さまの教えを深く信じ、明るい未来を信じる心に切り替え、日々生活しております。

さて、久しぶりに将棋の話題。

ついこの間、竜王戦に挑戦し、惜しくも3勝4敗でタイトル奪取を逃した佐藤棋聖が、今度は王将戦に登場です。詳しくは日本将棋連盟のサイトをご参照ください。羽生三冠と熱戦を繰り広げ(といってもまだ第一局が終わったところですが)、一勝を挙げております。羽生vs佐藤も目が離せませんね。

そして今度、2月には、森内名人・棋王に対し、棋王戦にも挑戦することになっているのが佐藤棋聖。半年も経たないうちに、7大タイトルの3つに挑戦する佐藤棋聖って、ひょっとしてとんでもない棋士なのでは??などといまさらになって気付きました。

逆に、そんな佐藤棋聖を返り討ちにした渡辺竜王はやっぱりスゴいということにもなるのかな?ワタシ的には今まで渡辺竜王を応援していましたが、佐藤棋聖も気になりだしてきました。やっぱ、チャレンジャー的立場にいる人を応援したくなるのが人情ってもんですよね。

↓クリック宜しくお願いしますm(_ _)m

拍手[0回]

渡辺竜王3連覇達成!

遂にやりました!竜王戦7番勝負の決着がつきました!渡辺竜王3連覇達成です!

詳細は第19期竜王戦中継サイトをご参照ください。

そして、以下の記事もご参考。

渡辺竜王が4勝3敗で3連覇…第19期竜王戦
渡辺が3連覇=将棋竜王戦

この記事を読んでて、持ち時間それぞれ8時間のうち、佐藤棋聖はわずか1分しか残せなかったのに対し、渡辺竜王は49分も残しての勝利だったということを知りました。スゴイことなんですよねぇ、おそらく。

第7局も渡辺竜王の先手。初手7六歩に対し、佐藤棋聖の2手目は、第6局と同じく3二金!竜王は、3手目を指すまで11分も考えたことを考えると、このジャブ的な2手目は有効打だったのかもしれませんが、竜王は7八金とし、得意の(と思われる)相矢倉戦に持ち込んだあたりは、さすがに落ち着いてたんでしょうね。

矢倉戦は、ワタシには難しくて分かりませんが、この最序盤の数手によって、既にじわじわと勝利を呼び込んだのではないでしょうか。そんなカンジがします。

まぁとにかく、若い渡辺竜王が、藤井(元)竜王以来の3連覇のタイ記録を打ち立てたことは、将棋界にとっても活性化のイイ要素になるんじゃないですかね。

王者は20年周期で誕生するという説もあるようですが、羽生世代と渡辺竜王は14歳違いであり、6年の誤差(?)はあるものの、渡辺竜王は、若いながらもだいぶ貫禄がついてきているんじゃないでしょうか。このままトップに君臨して、将棋界をリードしていってもらいたいですね。

↓クリック宜しくお願いしますm(_ _)m

拍手[0回]

竜王戦、最終戦にもつれ込む

竜王戦第六局は、渡辺竜王が敗れ3勝3敗のタイ。決着は最終第七戦に持ち越されました!詳細は第19期竜王戦中継サイトをご参照ください。

先手の渡辺竜王が、ワタシの得意な(というか、たんに好きな;)ゴキゲン中飛車を採用されました。応援する気持ちもいっそう膨らみ、途中まではイイ感じだと思っていたのですが、やはり、居飛車穴熊は堅かったということだったのでしょうか。

本来、こちらが中飛車の陣形だと、相手は穴熊に組みにくいモンだと思うのですが、やっぱ佐藤棋聖は流石ということですかね。

しかしまあ、あくまでワタシの想像ですが、本格居飛車党の(と思われる)渡辺竜王があえてゴキゲンを採用されたのも、ある種実験的もしくは牽制的な意図もあったのではないのかなと思いますけど、どうなんでしょうね。

そういう意味では割と余裕を持っておられるような印象も受けます。

とにかく、泣こうが笑おうがあと1戦。渡辺竜王はもちろん、佐藤棋聖も全力で臨まれて、ファンを唸らせる戦いを見せて頂きたいですね!

↓クリック宜しくお願いしますm(_ _)m

拍手[0回]

渡辺竜王、防衛に王手!

渡辺竜王が2連敗の後3連勝。あと1勝で竜王タイトル防衛というところまできました!詳しくは第19期竜王戦中継サイトをご参考。

いやぁ、佐藤棋聖もメチャクチャ強いけど、渡辺竜王もさすがに強えぇ。当たり前だけど(^^;

途中までは先手の佐藤棋聖がダンゼン勝ってると思いましたが、107手目の▲6六香は、素人目で見ても失着だったんじゃないかなというカンジ。かといって、最善手は何かと聞かれても分かりませんケド(^^;

それにしても、ワタシの応援する渡辺竜王がタイトル防衛できそうなところまできたことはヨシです。第6局は山形県天童市の滝の湯ホテル。一気に決めてもらいたいね。

↓クリック宜しくお願いしますm(_ _)m

拍手[0回]

がんばろう!○○



ブログランキング

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑人気ブログランキングに登録しています。
since Apr.2006

プロフィール

HN:
BEACH
HP:
性別:
男性
自己紹介:
「実生活に生かせる仏教の追求」をメインテーマとしていますが、趣味の将棋や、その他、時事に絡んだ雑感などなど、気が向いたときに綴っております。どうぞ、おヒマなときに覗いてみてください。
2013年12月より札幌在住。
プロフィールの詳細は→
【こちら】

twitterアカウントは
「@beach_paddy」

facebookもやってますが、本名なので、一応ここでは伏せておきます(^^;

【アメブロ】も一応ありますが、本ブログへのリンクを貼ってあるだけです。あしからず;;


BEACH宛メールは↓


仏教

仏教について、学んだことを書き綴っております。どうぞご覧ください。

【仏教】

自戦記

主に【将棋倶楽部24】で対局したときの棋譜を集めています。もちろんヘボ将棋ですが、よろしかったら息抜きに眺めてやってくださいマセ;

【自戦記】

映画レビュー

Yahoo! JAPAN ID beach_paddy で、映画レビューを書いております。

【映画レビュー】

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最古記事

(04/24)
(04/25)
(04/25)
(04/25)
(04/26)

旬感ランキング

対局スケジュール

天気予報

バーコード

Copyright ©  -- 人にやさしく自分にもやさしく --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]