忍者ブログ

2,500年前、お釈迦様が悟られたのは、あらゆるものは仏の智慧を具え光り輝いている、ということでありました。そして、そのことに気付いて生きていけばよいのだよ、と。

人にやさしく自分にもやさしく

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不完全ゆえの向上心

今日もいい話を聞いたのでメモっておきます。

「魚は水を知り尽くしているがごとく泳ぐ。鳥は空を知り尽くしているがごとく飛ぶ。しかし、完全に知り尽くしているわけではない。なぜなら、酸欠で死んでしまう魚もおり、つむじ風に巻き込まれ地面に墜落してしまう鳥もいるからだ。」

これを人間にあてはめると、世間を知り尽くしている人間はいないということを物語っている。誰もが不完全でありながら生きているということになる。

霊性に目覚めることをスピリチュアリズムというようである。さらに、神性に目覚めることをネオスピリチュアリズムというようである。ひっくるめて、仏教では、仏性に目覚めることを悟りという。

以前にも書いたように、お釈迦さまが説いた「人生は苦である。苦が常態である。」ということも一つの真実であり、たとえ「悟った」としても、さまざまな苦と直面しながら生きていかなければならないのが人生である。

ようするに、自分の内なる霊性や神性や仏性に目覚めればそれで完了というのではなく、ようやく、正しくもしくは楽に生きようとするスタート地点に立ったにすぎないということがいえる。

このように考えると、「悟り」というものの中には、「自分はどこまでも不完全であるということに気付く」という意味も含まれているような気がする。

不完全であることの自覚ができてこそ向上心が芽生え、まさに一段ずつ階段を登るがごとく、成長し続ける。これがそもそもの人間らしい生き方なのだとはいえないだろうか。

仏性という、自分の尊さに目覚め、認めることはとても大事なことだが、同じ程度に、自分の不完全さを認めることも大事なことであるかもしれない。

←宜しくお願いしますm(_ _)m

←BEACHのメインページです

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

がんばろう!○○



ブログランキング

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑人気ブログランキングに登録しています。
since Apr.2006

プロフィール

HN:
BEACH
HP:
性別:
男性
自己紹介:
「実生活に生かせる仏教の追求」をメインテーマとしていますが、趣味の将棋や、その他、時事に絡んだ雑感などなど、気が向いたときに綴っております。どうぞ、おヒマなときに覗いてみてください。
2013年12月より札幌在住。
プロフィールの詳細は→
【こちら】

twitterアカウントは
「@beach_paddy」

facebookもやってますが、本名なので、一応ここでは伏せておきます(^^;

【アメブロ】も一応ありますが、本ブログへのリンクを貼ってあるだけです。あしからず;;


BEACH宛メールは↓


仏教

仏教について、学んだことを書き綴っております。どうぞご覧ください。

【仏教】

自戦記

主に【将棋倶楽部24】で対局したときの棋譜を集めています。もちろんヘボ将棋ですが、よろしかったら息抜きに眺めてやってくださいマセ;

【自戦記】

映画レビュー

Yahoo! JAPAN ID beach_paddy で、映画レビューを書いております。

【映画レビュー】

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最古記事

(04/24)
(04/25)
(04/25)
(04/25)
(04/26)

旬感ランキング

対局スケジュール

天気予報

バーコード

Copyright ©  -- 人にやさしく自分にもやさしく --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]