忍者ブログ

2,500年前、お釈迦様が悟られたのは、あらゆるものは仏の智慧を具え光り輝いている、ということでありました。そして、そのことに気付いて生きていけばよいのだよ、と。

人にやさしく自分にもやさしく

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

武士の一分

yahoo!の映画レビューでも人気の高い武士の一分のDVDを借りてきて観ました。



時代劇は、それほど好んで観るほうではないのですが、これはとてもよかった。泣かされました。

これを観る前は、武士の一分とは、要するに単なるプライドのことだと軽く想像してましたが、いやいや、深いです。キムタクは見事に演じてました。殺陣シーンもなかなかよかった。

そして、それよりなにより、妻の加世の一途なまでに主人を思う心がとてもピュアで、主人が失明してしまったからこそ、その一途な思いが益々強くなったのだと思いますが、その美しい心を、壇れいはこれまた見事に演じてましたし、そんなに一途に主人を思いやる奥様がうらましいとすら思ってしまった。うちの妻にも少し見習って欲しいと・・(^^;

離縁したあと、きっとなんらかの形で加世は戻ってくるんだろうと予想していましたが、最後、新之丞が自分の失敗を認め、後悔しているところに女中として戻ってきたところは、観ていてホッとさせられ、一番泣けました。

これはいい作品です!

↓クリック宜しくお願いしますm(_ _)m

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

トラックバック、ありがとうございます。

  • by 冨田弘嗣
  • URL
  • 2007/08/13(Mon)23:19
  • Edit
 トラックバックのお返しをしようと思うのですが、反映されないようなので、コメントで失礼します。私は、小学生の頃から山田洋次監督に憧れ、今の仕事に就いているのですが、ここにきて、時代劇を撮るとは思ってもみませんでした。優しい映画です。しかし・・・あの後、素直に妻を受け入れられるのか・・・いろいろ想像してしまいます。読ませていただき、ありがとうございました。  冨田弘嗣

TRACKBACK

Trackback URL:

武士の一分

  • URL
  • 2007/08/12(Sun)
譲らない心。譲れない愛。【ストーリー】海坂藩の毒見役として務める新之丞(木村拓哉)は、毒に当たって失明。夫婦の将来を案じ、助けを求める妻(壇れい)・加世は、助けるふりをして言葉巧みに言い寄る上士・島田藤弥(坂東三津五郎)の罠にはまってしまう。新之丞は盲目の身ながらも復讐を誓い、島田に果し合いを申し込むが・・・【観賞後の感想】地元の映画館によると、今年は日本映画バブルなのだそうです。日本映画にヒット作が多いのではなく、ハリウッド映画にヒット作がないそうです。日本映画ファンド...

「武士の一分」の宣伝のまやかし

  • URL
  • 2007/08/13(Mon)
監督:山田洋次原作:藤沢周平出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、桃井かおり、坂東三津五郎、緒形拳、小林稔侍男の出世や生存のために、妻や母が犠牲になる。男はそのために限りない悲しさ、怒りを感じる。という話は藤沢周平の小説の中では、何度も何度も現れる。それは...

「武士の一分」映画館レビュー 一分への距離

  • URL
  • 2007/08/13(Mon)
山田洋次監督は、今もなお進化し続ける巨匠。僕が武士の一分を語れるには、あと何年かかるだろう。

武士の一分

  • URL
  • 2007/08/13(Mon)
 動物園前シネフェスタ  これほど前宣伝した山田洋次監督作品があったろうか。「男はつらいよ」のおか

武士の一分 07019

  • URL
  • 2007/08/13(Mon)
武士の一分 2006年   山田洋次 監督   藤沢周平 原作木村拓哉 檀れい 笹野高史 小林稔侍 緒方拳 桃井かおり 板東三津五郎 キムタクって、童顔すぎるよねぇ、、、 山田監督の、時代劇三部作最終章。 なんだケド、微妙だなぁ、、、 ま、勝手に、もっと....

映画『武士の一分』

  • URL
  • 2007/08/14(Tue)
武士の一分 監督:山田洋次 原作:藤沢周平 キャスト:木村拓哉、檀れい、      小林稔侍、笹野高史、      緒形拳、桃井かおり、      坂東三津五郎、他 一分(いちぶん)”とは、 人が命をかけても守らなければならない名誉や面目。

「武士の一分」 一分よりも守るべきもの

  • URL
  • 2007/08/17(Fri)
原作は藤沢周平の「盲目剣谺返し」という短編だそうです。 それが、山田洋次監督の時代劇第3弾として映画になったら、なぜかタイトルは「武士の一分」 確かにこのほうが格調はあるけど…、本編の中身とは違う先入観を持たれてしまうんじゃないか心配になります。

映画『武士の一分』

  • URL
  • 2007/11/21(Wed)
これは最後に泣ける映画・・物語の中核を成すはずの貞節を奪われるシーンとか離縁された後に何処で何をしていたのかとか、気になるが・・感動的な映画・・ 山形は庄内地方の三村新之丞(木村拓哉)は、三十石の下級武士で毒見役ながらも妻の加世(檀れい)と共につつましくも平

≪武士の一分≫

  • URL
  • 2007/11/23(Fri)
武士の一分 ¥2,780 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/11/17) 製作年度2006年 製作国日本 上映時間121分 監督山田洋次 出演木村拓哉(三村新之丞)、檀れい(三村加世)、笹野高史(徳平)、岡本信人(波多野東吾)、左時枝(滝川つね)、綾田俊樹(滝川勘十郎)

映画『武士の一分』を観て

  • URL
  • 2007/11/25(Sun)
そうそう、忘れないうちに書いておこう。 先日もチラッと触れましたが、ツタヤ・ディスカスからようやく届き、見ることができました。 武士の一分 豪華版(S) (5万セット限定 3大特典付) (↑どうやら限定版のようですが、まだ在庫があるようです。……しかし、5万セットで「限定」って、いろんな意味ですごいな。) 私は、正直、「ひどい」と思う作品には、かなり辛口にこき下ろしてしまうこともあったりするわけですが、この作品に関しては、何というか、非の打ち所がなかったです。 けっこう期待値も高...

武士の一分&医龍2

  • URL
  • 2007/12/14(Fri)
医龍2は鬼頭チームの心臓移植が出来ず朝田チームの心臓移植がOKも 患者は生体肝移植の手術中で心臓の移植は不可能も次のチャンス厳しく 朝田が医師免許の剥奪を覚悟で生体肝&心臓を同時移植の手術を決行も 伊集院の乗った救急車は事故に遭遇して心臓4時間に間に合うかで終

武士の一分

  • URL
  • 2008/01/03(Thu)
 30日の夜は、テレビ朝日系の金曜洋画劇場で「武士の一分」を観ていた。藤沢周平の短編小説集である「隠し剣秋風抄」のなかの一編・「盲目剣谺返し」を原作とする2006年松竹映画である。 あらすじを簡単におさらいしよう。三村新之丞(木村拓哉)は、海坂藩に毒見役と...

がんばろう!○○



ブログランキング

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑人気ブログランキングに登録しています。
since Apr.2006

プロフィール

HN:
BEACH
HP:
性別:
男性
自己紹介:
「実生活に生かせる仏教の追求」をメインテーマとしていますが、趣味の将棋や、その他、時事に絡んだ雑感などなど、気が向いたときに綴っております。どうぞ、おヒマなときに覗いてみてください。
2013年12月より札幌在住。
プロフィールの詳細は→
【こちら】

twitterアカウントは
「@beach_paddy」

facebookもやってますが、本名なので、一応ここでは伏せておきます(^^;

【アメブロ】も一応ありますが、本ブログへのリンクを貼ってあるだけです。あしからず;;


BEACH宛メールは↓


仏教

仏教について、学んだことを書き綴っております。どうぞご覧ください。

【仏教】

自戦記

主に【将棋倶楽部24】で対局したときの棋譜を集めています。もちろんヘボ将棋ですが、よろしかったら息抜きに眺めてやってくださいマセ;

【自戦記】

映画レビュー

Yahoo! JAPAN ID beach_paddy で、映画レビューを書いております。

【映画レビュー】

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最古記事

(04/24)
(04/25)
(04/25)
(04/25)
(04/26)

旬感ランキング

対局スケジュール

天気予報

バーコード

Copyright ©  -- 人にやさしく自分にもやさしく --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]